Do you want to view the page in English?

Huawei P9 lite

SIMフリー
予算17,000円
5年11か月前発売
Hisilicon Kirin 650
RAM 2G / ROM16G
Antutu 53,000 ver6
auto
  • 評価の高かったP8 liteを全方位にブラッシュアップしたコスパの王者。
  • 76.4%の高い画面占有率。コンパクトでシャープなデザイン。
  • 色彩豊かな5.2インチの高精細フルHDディスプレイ。

基本スペック

メーカー HUAWEI
予算 予算17,000円
発売日 2016年6月17日
画面サイズ 5.2 インチ 1080 x 1920
本体サイズ 72.6mm x 146.8mm x 7.5mm
重さ 147g
プロセッサー Hisilicon Kirin 650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)
OS Android 6.0
バッテリー 3,000 mAh
ネットワーク FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
RAM 2 G
ROM 16 G
防水 -
防塵 -

実寸で確認してみよう

1円玉
2cm
実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
Huawei P9 lite
MTT MOMOCO
78% 17:22
  • whois?
  • Dotch
  • source
  • Sweets
  • analytics
  • aimai
  • Navi
  • Heavy
  • Bankman
  • Bathtime
  • Beer?
  • Yakamashii
  • okiniiri
  • Mushi
  • Now!
  • Freeman
  • Stomach
  • Premium
  • Sun
  • Say!
  • Dia
  • My Room
  • Hot Area
  • Speed

買い時はいつ?最近のプライス ログ

他の人はこんなスマホとよく比較しています

他に5.2インチはどんなスマホがあるの?

  • SHARP AQUOS R2 compact

    auto
    予算28,400円
    3年4か月前発売
    Antutu 270,000 ver7(推定)
    プレミアムコンパクト。幅64mm、135グラムのコンパクトボディに5.2インチのフルHD+ディスプレイを搭載。片手で快適操作。 側面のダイヤモンドカットが上質感を演出。 液晶テレビAQUOSの技術...
    1円玉
    2cm
    実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
    • Huawei P9 lite
    • SHARP AQUOS R2 compact

    Huawei P9 liteと比較して、SHARP AQUOS R2 compactはどうなの?

    • ご予算11,000円ほど高くなるかも...
    • 発売はSHARP AQUOS R2 compactのほうが2年7月ほど新しい
    • SHARP AQUOS R2 compactのほうが12グラム軽くなる
    • SHARP AQUOS R2 compactのほうが1.8mm厚い
    • SHARP AQUOS R2 compactのほうが高さ15.8mm小さくなる
    • SHARP AQUOS R2 compactのほうが横幅8.6mm細くなる
    • SHARP AQUOS R2 compactのほうがバッテリーが500mAh少なくなる
    • SHARP AQUOS R2 compactのほうがメモリーが2G:little多くなる
    • SHARP AQUOS R2 compactのほうがストレージが48G:little多くなる
    • SHARP AQUOS R2 compactのほうが処理は216993G:little速くなりそう...
  • HTC U11 life

    auto
    予算43,000円
    4年2か月前発売
    Antutu 71,000 ver6
    U11の魅力をお求めやすい価格で。背面はアクリルガラスをデザインに採用。光学スペクトル・ハイブリッドカラーで鮮やかな複雑な色合いを放つボディ。 写真の撮影も、アウト/インカメラの切替も、よく使ってい...
    1円玉
    2cm
    実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
    • Huawei P9 lite
    • HTC U11 life

    Huawei P9 liteと比較して、HTC U11 lifeはどうなの?

    • ご予算26,000円ほど高くなるかも...
    • 発売はHTC U11 lifeのほうが1年9月ほど新しい
    • HTC U11 lifeのほうが5グラムちょっとだけ軽くなる
    • HTC U11 lifeのほうが0.6mmちょっとだけ厚い
    • HTC U11 lifeのほうが高さ2.2mmちょっとだけ大きくなる
    • HTC U11 lifeのほうが横幅0.4mmちょっとだけ広くなる
    • HTC U11 lifeのほうがバッテリーが400mAhちょっとだけ少なくなる
    • HTC U11 lifeのほうがメモリーが2G:little多くなる
    • HTC U11 lifeのほうがストレージが48G:little多くなる
    • HTC U11 lifeのほうが処理は18249G:little速くなりそう...
  • Zenfone 4 Max

    auto
    予算9,000円
    4年6か月前発売
    Antutu 55,000 ver7
    ありそうでなかったデュアルカメラのロングバッテリースマホ。 先代よりもバッテリー持ちが長くなり、連続通話32時間、ウェブブラウジング21時間。そして本体はいっそう軽く。 メインカメラは120度広角...
    1円玉
    2cm
    実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
    • Huawei P9 lite
    • Zenfone 4 Max

    Huawei P9 liteと比較して、Zenfone 4 Maxはどうなの?

    • ご予算8,000円ほど安くなるかも...
    • 発売はZenfone 4 Maxのほうが1年6月ほど新しい
    • Zenfone 4 Maxのほうが9グラムちょっとだけ重くなる
    • Zenfone 4 Maxのほうが1.2mm厚い
    • Zenfone 4 Maxのほうが高さ3.7mm大きくなる
    • Zenfone 4 Maxのほうが横幅0.7mmちょっとだけ広くなる
    • Zenfone 4 Maxのほうがバッテリーが1100mAh多くなる
    • Zenfone 4 Maxのほうがメモリーが1G:little多くなる
    • Zenfone 4 Maxのほうがストレージが16G:little多くなる
    • 処理速度はそれほど変わらないかも...
...他にもあります

同じ価格帯ではどんなスマホがあるの?

  • AQUOS sense3

    auto
    予算12,000円
    2年7か月前発売
    Antutu 110,000 ver8
    AQUOS史上最大の4,000mAh大容量バッテリー搭載5.5インチスマホ。 横幅70mmで持ちやすくアルミボディで手になじむ。 フルHD+の省エネIGZOディスプレイはリッチカラーテクノロジーモ...
    1円玉
    2cm
    実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
    • Huawei P9 lite
    • AQUOS sense3

    Huawei P9 liteと比較して、AQUOS sense3はどうなの?

    • ご予算5,000円ほど安くなるかも...
    • 発売はAQUOS sense3のほうが3年5月ほど新しい
    • AQUOS sense3のほうが20グラム重くなる
    • AQUOS sense3のほうが1.4mm厚い
    • AQUOS sense3のほうが高さ0.2mmちょっとだけ大きくなる
    • AQUOS sense3のほうが横幅2.6mmちょっとだけ細くなる
    • AQUOS sense3のほうがバッテリーが1000mAh多くなる
    • AQUOS sense3のほうが画面が0.3インチ:little大きくなる
    • AQUOS sense3のほうがメモリーが2G:little多くなる
    • AQUOS sense3のほうがストレージが48G:little多くなる
    • AQUOS sense3のほうが処理は56993G:little速くなりそう...
  • OUKITEL C15 PRO+

    auto
    予算12,000円
    2年12か月前発売
    Antutu 60,000 ver7
    格安エントリーモデルながら水滴型ノッチ、デュアルカメラ、背面の指紋認証搭載。 ディスプレイは縦横比19:9の6.088インチ。画面占有率は85.5%。2.5D旭ガラス。 メモリ3G、ストレージ32...
    1円玉
    2cm
    実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
    • Huawei P9 lite
    • OUKITEL C15 PRO+

    Huawei P9 liteと比較して、OUKITEL C15 PRO+はどうなの?

    • ご予算5,000円ほど安くなるかも...
    • 発売はOUKITEL C15 PRO+のほうが2年12月ほど新しい
    • OUKITEL C15 PRO+のほうが33グラム重くなる
    • OUKITEL C15 PRO+のほうが1.4mm厚い
    • OUKITEL C15 PRO+のほうが高さ8.8mm大きくなる
    • OUKITEL C15 PRO+のほうが横幅0.7mmちょっとだけ広くなる
    • OUKITEL C15 PRO+のほうがバッテリーが200mAhちょっとだけ多くなる
    • OUKITEL C15 PRO+のほうが画面が0.888インチ:little大きくなる
    • OUKITEL C15 PRO+のほうがメモリーが1G:little多くなる
    • OUKITEL C15 PRO+のほうがストレージが16G:little多くなる
    • OUKITEL C15 PRO+のほうが処理は6993G:little速くなりそう...
  • UMIDIGI A5 Pro

    auto
    予算12,800円
    2年10か月前発売
    Antutu 93,000 ver8
    トリプルカメラの6.3インチ ハイコスパスマホ。 ディスプレイは縦横比19:9でFHD+の精細な画面。画素密度400ppi。 背面は1,600万画素(F値1.8)+120°広角カメラ800万画素+...
    1円玉
    2cm
    実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
    • Huawei P9 lite
    • UMIDIGI A5 Pro

    Huawei P9 liteと比較して、UMIDIGI A5 Proはどうなの?

    • ご予算4,000円ほど安くなるかも...
    • 発売はUMIDIGI A5 Proのほうが3年1月ほど新しい
    • UMIDIGI A5 Proのほうが56グラム重くなる
    • UMIDIGI A5 Proのほうが0.7mmちょっとだけ厚い
    • UMIDIGI A5 Proのほうが高さ9.2mm大きくなる
    • UMIDIGI A5 Proのほうが横幅3.3mm広くなる
    • UMIDIGI A5 Proのほうがバッテリーが1150mAh多くなる
    • UMIDIGI A5 Proのほうが画面が1.1インチ:little大きくなる
    • UMIDIGI A5 Proのほうがメモリーが2G:little多くなる
    • UMIDIGI A5 Proのほうがストレージが16G:little多くなる
    • UMIDIGI A5 Proのほうが処理は39993G:little速くなりそう...
...他にもあります

同じような大きさのスマホは他にあるの?

  • Galaxy S22

    auto
    価格は店頭にて
    4週間前発売
    Antutu 895,000 ver9
    ハイスペックモデルながら手のひらに収まる6.1インチスマホ。 背面は擦りガラスのような加工で指紋が付きにくく、カメラ周りをメタルで包んだデザイン。本体カラーはファントム ホワイト、ピンク ゴールド、...
    1円玉
    2cm
    実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
    • Huawei P9 lite
    • Galaxy S22

    Huawei P9 liteと比較して、Galaxy S22はどうなの?

    • 発売はGalaxy S22のほうが5年10月ほど新しい
    • Galaxy S22のほうが21グラム重くなる
    • Galaxy S22のほうが0.1mmちょっとだけ厚い
    • Galaxy S22のほうが高さ0.8mmちょっとだけ小さくなる
    • Galaxy S22のほうが横幅1.6mmちょっとだけ細くなる
    • Galaxy S22のほうがバッテリーが700mAh多くなる
    • Galaxy S22のほうが画面が0.9インチ:little大きくなる
    • Galaxy S22のほうがメモリーが6G:little多くなる
    • Galaxy S22のほうがストレージが240G:little多くなる
    • Galaxy S22のほうが処理は841993G:little速くなりそう...
  • AQUOS wish

    auto
    予算26,600円
    4カ月前発売
    Antutu 285,000 ver9(推定)
    シンプルで飾らない5.7インチスマホ。 マットな質感でやさしい手触り。 5G対応で必要最低限のスペックは満たしている。 ディスプレイはHD+(720 × 1,520)で控え目。 背面カメラは1...
    1円玉
    2cm
    実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
    • Huawei P9 lite
    • AQUOS wish

    Huawei P9 liteと比較して、AQUOS wishはどうなの?

    • ご予算10,000円ほど高くなるかも...
    • 発売はAQUOS wishのほうが5年7月ほど新しい
    • AQUOS wishのほうが15グラム重くなる
    • AQUOS wishのほうが1.4mm厚い
    • AQUOS wishのほうが高さ0.2mmちょっとだけ大きくなる
    • AQUOS wishのほうが横幅1.6mmちょっとだけ細くなる
    • AQUOS wishのほうがバッテリーが730mAh多くなる
    • AQUOS wishのほうが画面が0.5インチ:little大きくなる
    • AQUOS wishのほうがメモリーが2G:little多くなる
    • AQUOS wishのほうがストレージが48G:little多くなる
    • AQUOS wishのほうが処理は231993G:little速くなりそう...
  • arrows We

    auto
    予算21,500円
    6カ月前発売
    Antutu 285,000 ver9(推定)
    5G通信対応のスマホ初心者向けスマホ。 ボタンが大きなシンプルモードに切り替え可能。 はっきりした文字を表現するUDフォントを採用。 ハンドソープで洗えてアルコール除菌にも対応。1.5mの高さか...
    1円玉
    2cm
    実際のサイズや表示は異なることがありますので目安としてご利用ください。 2016 © yourfones.net
    • Huawei P9 lite
    • arrows We

    Huawei P9 liteと比較して、arrows Weはどうなの?

    • ご予算4,000円ほど高くなるかも...
    • 発売はarrows Weのほうが5年6月ほど新しい
    • arrows Weのほうが25グラム重くなる
    • arrows Weのほうが2.7mm厚い
    • arrows Weのほうが高さ0.2mmちょっとだけ大きくなる
    • arrows Weのほうが横幅1.6mmちょっとだけ細くなる
    • arrows Weのほうがバッテリーが1000mAh多くなる
    • arrows Weのほうが画面が0.5インチ:little大きくなる
    • arrows Weのほうがメモリーが2G:little多くなる
    • arrows Weのほうがストレージが48G:little多くなる
    • arrows Weのほうが処理は231993G:little速くなりそう...
...他にもあります

評判は?

  • デザインは、特に側面はメタルフレーム表面のサンドブラスト仕上げとダイヤモンドカットによる高級感あふれる仕上がり。フレームの素材には航空機材グレードのアルミ合金が使われており、強度アップと軽量化を両立させている。また、薄さ約7.5mmのスリムボディーで約147gと軽量。側面のダブルダイヤモンドカットと薄型ボディーの組み合わせはファーウェイ製スマホならではという印象が根付きつつあるが、P9 liteもその延長線上にあるデザインと言える。

    ゴールドのみ、背面にヘアライン加工が施されており、全体的にゴージャスな印象。ブラックとホワイトの背面はマットな感触で、こちらはより落ち着いたイメージに仕上がっている。ユーザーの好みによって選ぶといいだろう。
    「コスパ最強のSIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」詳細レビュー!」 2016年6月22日
    by ASCII.jp
  • 筆者がおすすめしたいのはP9 lite。その決め手は、標準のモードで撮っても色鮮やかなカメラの画質だ。また、筆者は仕事柄スマホに数多くのアプリをインストールしており、バックグラウンドで常駐するアプリも多い。マルチタスクに強いP9 liteなら、同時に動くアプリが増えても動作が遅くなりにくい。
    「コスパ高スマホ「P9 lite」「REI」はどちらが買い?」 2016年8月12日
    by 日経トレンディネット